読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

First action

まず行動

僕はこの世に2人います。

 

f:id:xxxxkun:20170407075832j:plain

リサーチと視点について。

 

昨日の記事にもあった様に視野の狭さが際立った2週間だった...

 

まず様々なリサーチがある。

①その物は売れるのか?

②競合はいるのか?

③どこに人が集まるのか?

 

これを更に細分化していくが、大まかに分けるとこの3つ。

3つのリサーチは絶対だと思う。

 

視点についてだが、例えを出そう。

 

①あるA社のサラダ油がある。

この競合となるのはどんな企業や商品か考えて欲しい。

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

考えられるA社のライバルは、

 

①他社のサラダ油メーカー

②ごま油

③オリーブオイル  etc...

 

 

実はこれだけじゃない。

こんなライバルもいる。

 

①石鹸

②ハムやソーセージ

③ビール

 

???

 

意味がわからないだろう。

なぜサラダ油のライバルがビールや石鹸なのか?

 

実はあるキーワードが隠されている。

そのキーワードは、

「お中元・お歳暮」である。

このキーワードで考えると石鹸やビールもライバルになってくるのだ。

その商品だけに固執せず、いろんな側面から見ること。

 

それに伴い、自分がどこのポジションにいるのかも考えていきたい。

 

f:id:xxxxkun:20170407082730j:plain

 

どこの層にアプローチをしていくかも明確になるはず。

 

1000万規模の企業が、儲かると言って1000円の市場に力を注ぐのはどうなのだろう?

あまりいい選択ではない気がする。

自分の立ち位置をはっきりさせることでやるべき戦略がわかる。

 

僕はこの世に2人いる。

実際に生きている自分と守護霊の様に監視している自分。

その自分のことをjiroと呼んでいる。

(ネーミングセンスは置いといてくださいw)

常にjiroに監視されながら仕事をしている。

jiroと情報共有をすることで、本来の自分を客観的に視ることが出来るのだ。

やりすぎていることや、無駄になっていること。

自分では気づけない部分を後ろから全体を見ているjiroに任せているのだ。

毎日マーケティング日記をつけているが、その時はjiroに書いてもらう。

その方がいろんなアイディアが生まれる。

 

僕にはない頭脳を借りながら生きる。