読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

First action

まず行動

幼馴染にさえ理解されなかった話し。

f:id:xxxxkun:20170418112226j:plain

 

3歳の頃からずっと一緒にいる幼馴染がいる。

その彼とこんな話しをした。

 

僕は本が好き。

ジャンルは問わず。

 

小学生の頃は探偵系の小説が好きで、中学生になると自己啓発系、

高校生の頃は、今野敏さんにどハマりした。

 

昔から作文とか書く事が好きで、小学生の頃には作文用紙に

小説を書いたこともある。

 

なぜこんなにも好きになったのか。

理由など明確にしたところで、何も起こりはしないが

僕が好きであり続けるのにはちゃんとした理由がある。

 

日常で、嬉しいことがあってウキウキしたり、彼女や職場との人間関係の

衝突でイライラすることってありますよね。

 

 

例えば、彼女と一週間に渡る大喧嘩をしているとする。

この時の気持ちはイライラと今後の関係を不安に思うモヤモヤ。

とても絶好調とは言えない。

こんな日には1人でゆっくりしていたいが、仕方なく学校へ向かう。

友人と会う。

友人は隣りでいつも通りのテンションでふざけている。

彼が僕に向かってからかう様に叩いてくる。

いつもなら「なんだよお前〜」とか言って笑いながらやり返す自分。

だが、今日はそういう行動ができない。

彼と同じテンションになれないのだ...

反応がない僕をみて、つまらなそうに友人がまた叩いてくる。

 

パシッ!

パシッ!

 

しつこい友人に対してイライラしながら「なんだよ」と

明らかにいつもと違うテンションで返す。

全く楽しめない。

終いには「だからお前◯◯なんだよ〜ww」と、

つまらない反応をする僕に復讐するかの様な言葉を浴びせてくる。

完全にイライラのピークがくる。

 

いつもなら許せている自分が、ある感情が事前に壁をつくり、

許容範囲を狭めている。

人間ってその時の感情によって態度や言動を変える生き物だから

仕方ないでしょ...

という意見もあるが、この例だと友人は完全に被害者だ。

人間ってつくづく都合よく造られてる生き物なんだと思う。

 

 

・・・・・

 

・・・・・

 

・・・・・

 

でも本ってどうだろうか...

 

涙が止まらなくなることもある。

家族の物語りから勇気をもらえることもある。

大切な人が悪役に殺されてしまうこともある。

 

ただの紙なのにこんなにも感情が揺さぶられる。

 

彼女と大喧嘩をしてイライラしているときも、

職場で表彰をされてウキウキしているときも、

どんな状況でも本を読むと、

涙が止まらなくなるし、

勇気をもらえるし、

怒りを覚えることができる。

 

魔本なのではないかと思う。

 

時間に左右されずに本当の没頭ができる。

これらが本を読む理由である。

 

 

↑ここまでの話は実話です...笑

 

この話を幼馴染にしたが、

「ごめん、最初からなに言っているか全然わからない..ww」

 

と、一蹴...

 

 

 

引き合いに出すものが違うと思うが、

本に対する想いが伝わってくれたらそれでいい。