たからひろい

takarahiroi project

足元に◯◯◯♪〜

f:id:xxxxkun:20170706140311j:plain

「あっしもとに◯◯◯◯〜♪」

 

こんにちには。

takarahiroiです。

本日も千葉市中央区にてtakarahiroiをしました。



彼らを拾っていると身長が違う。

どんな顔をしている人が捨てたのだろう...

どんな職業の人が捨てたのだろう...

どんな性格の人が捨てたのだろう...

兄弟はいるのかな...

恋人はいるのかな...


そんな事ばかり考えながら1本1本拾っていく。

そういえば...

 

最近、こんな芸人さんをテレビでみた。

 


足元にお手元〔MV〕/もりせいじゅ ashimotoniotemoto/moriseiju

 

 

頭から離れてくれない。

このリズム。

 

「あっしもとにおてもと〜」

 

このリズムをBGMにしながら宝を集めていく。

 

「あっしもとにおタバコ〜♪」

うん。なかなかいい。

なかなかいいぞ!せいじゅ!

 

さて、本題に戻りましょう。

 

毎朝、散歩をしながら冒頭で呟いた事を考えているのです。

答えなんて出ないのに。

 

僕はタバコに出会って人生を変えました。

 

非常に面倒くさがりな僕はどんな事でも「楽」をしていたい。

そう思っていました。

怠惰マンです。

 

唯一、良いところを挙げるとしたら

「学ぶ事を続けていた」ことです。

いろんなジャンルの本を読み漁り、人に会って話を聞き、仕事を手伝い、毎日は楽しかったです。

 

ですが、、、

いくら僕が成功者の本を読み漁った所でその内容に感動して一時的にモチベーションが上がっただけで何も続きませんでした。

現実は変わらず。

ここで怠惰マンの悪い所が出てきました。

 

いきなり人生をショートカット出来るなんて奇跡が起こらない限り無理です。

まずは土台をしっかり作ろうと。

「仕事のやり方」を学ぶ事よりも「仕事に向かう気持ち」を学ぶべきだと気づいたのです。

 

視野が狭い。

いろんな発見を捨てている。

 

そんな時に友人がゴミ拾い活動をしているからやらないか⁉︎

と、連絡をくれました。

 

「これだ」

感覚ではありますが僕の頭の中で何かが一致したのです。

 

道に落ちているゴミなんて普段気にしない。

落ちていても何の感情も生まれない。

故に何かに対しての発見を見捨てている。

そう感じました。

 

普段、生活していて気にならない所を気にしていこう。

無意識を意識的に。

 

ショートカットなんてお前には早い。

土台をしっかり作れ。

 

そうタバコに教えて貰いました。

 

謙虚に。素直に。